消費者金融は返済計画を立ててから

消費者金融の幅広い情報をお届けします
Home » 消費者金融のメリット » 急な出費時に・・・利用してよかったこと

急な出費時に・・・利用してよかったこと

null人生いつでも順風満帆というわけには行きません。
人生には紆余曲折があり、山あれば谷ありです。
ですので、生活的に厳しい状態の時を想定し、貯金しなくてはなりません。
しかし、貯金だけではどうしようもないときがあります。
たとえば、世帯主ががんや脳卒中といった高額な医療費が必要となる病気にかかってしまったとき、また貯金がないときに世帯主が精神的な病におかされ、働けなくなってしまったときなどです。
こういったときに、役に立つのが消費者金融です。
多目的ローンなどの銀行ローンの場合には、世帯主が健康で働ける状態でないと、
なかなかお金を貸してくれませんし、貸してくれたとしても多少時間がかかる場合があります。
その点、消費者金融は審査も軽く、即金で貸し付けてくれる場合がほとんどです。
私自身も長期で会社を休まなければならなくなったときに、貯金を取りくずせなくなり、消費者金融を利用して生活費にしていました。
健康保険組合から傷病手当金が振り込まれるのは大抵数ヵ月後と1ヶ月単位で遅れますので、
貯金がない場合には生活費の工面が非常に難しかったのです。
また、失業した際にも消費者金融を利用していました。
失業保険だけでは生活費をまかなうことができなかったからです。
消費者金融は金利が高いことも自分自身にカツを入れることになり、
真剣に就職活動をしなければならないと思ったほどです。
結果、短期間に次の会社に就職することができました。
上記は極端な例ですが、生活費が足りないときはまず節約、それでもどうしても足りないときは賢く消費者金融を使っていきたいものです。

サイトマップ